癒しのスポット

津軽地方の大北斗七星伝説をご存知でしょうか

北斗七星で思い浮かぶのは「北斗の」ではないでしょうか( ´∀` )

現在は、津軽地方の大北斗七星伝説をめぐるツアーもあるほど話題なのです

津軽地方は、王城の鬼門にあたることにより、古くから鬼神の蜂起が発生して庶民を

おびやかすことがあった。時は桓武天武の時代、田村麻呂は開廷した津軽に七つの社を建て、そこに武器を集めて、あたかも田村麻呂将軍がこの地に常駐するかの如くに見せかけることにした。七社は北斗七星の形に配され、星の威光を借りて鬼神を封じた。

という伝説があるそうです。

パワースポットや癒しのスポットにご興味のある方は、是非参加されてみてはいかがでしょうか

コメントをどうぞ